ドミトリー沖縄 沖縄でドミトリーの予約は、ドミトリー沖縄で。
大好評の1泊1000円のドミトリー。
トップへ
オーナーご挨拶 ドミトリー沖縄って? サービス・料金について 施設紹介 地図・交通アクセス 予約・お問い合わせ  


 
ニュース
スタッフ日記
イベント・
キャンペーン
 
トピックス
皆既日食

photo夜勤明け、心身ともに疲れ果て泥のように眠り込んでいると
クロネコヤマトのお兄さんの声で目が覚め、受付へ行く。
ドアの隙間から外がどんより曇っているのがわかる。
時計を見ると10時半を少し過ぎていた。

「なんか、曇ってますねえ。雨、降るんですかねえ」

「ああ、日食ですねえ、今頃、ピークじゃないですか」




忘れてた。

お兄さんにお客さんからの荷物を預けてから、カメラを持って屋上へダッシュ。

皆、集まっている。

Iさんが日食グラスを持っていたので借してもらう。


なんか、三日月を見ているみたい。

太陽を見ているという気がしない。


Cさんが肉眼でも見えると言い出し、倣って片目を瞑り、目を細めてみるが、見えない。
目が痛い。ちーかーちーかーする。


「無理です、わたしには見えません」
「できるって!」

そんなに言うなら、と、もう一度チャレンジ。
やはり、見えない。
目を細めているから、太陽の光が細く、細く瞬いて見えるだけで
日食の様子はわからない。


ああ、目が、目が潰れそう。


「やはり無理です。もう諦めさせてください」
「あきらめるな!こっちに来い。見えるから!」

なんか、スパルタ特訓受けているみたい。

Cさんの言うとおりに場所を変え、再、再チャレンジ。

あ、見えた。

さっきよりも、太陽の淵が細いというか、薄くなっている。

しかし、やはり肉眼には限界があります。

日食グラスにも書いてありました。

直接、目では決して見ないでください。と。

今日はパソコンの画面も見ないでおこうと思ったのですが、
忘れないうちに書いておきます。


写真:日食は撮れませんでしたが、太陽の周りに虹のようなリングがかかっていたのでそれを。






オーナーのご挨拶 | ドミトリー沖縄って? | サービス・料金について | 施設紹介 | 地図・交通アクセス | 予約・お問い合わせ

▲ページトップへ 
〒902-0065 那覇市壺屋1-1-10 2F TEL:090-9780-1935/FAX:090-866-5311 E-Mail:yoyaku@dormitory-okinawa.com