ドミトリー沖縄 沖縄でドミトリーの予約は、ドミトリー沖縄で。
大好評の1泊1000円のドミトリー。
トップへ
オーナーご挨拶 ドミトリー沖縄って? サービス・料金について 施設紹介 地図・交通アクセス 予約・お問い合わせ  


 
ニュース
スタッフ日記
イベント・
キャンペーン
 
トピックス
ソ〜ミンタシヤー

photo 本島北部から首里へ嫁いだ友人の話。
「なんで首里の人は“ソ〜メンチャンプルー”を“ソーミンタシヤーと言うの?どう違うの?」と聞かれた。
 ソ〜ミンとは、おそうめんの事。こちらが彼女よりチョイ年上で方言が達者だ。
 なるほど。確かに最近は沖縄の食がマスコミに取り上げられ“チャンプルー”の名称も有名になった。ほとんどの食堂に沖縄そばと並んで“ゴ〜ヤーチャンプルー”“豆腐チャンプルー”“ふうチャンプルー”“そうめんチャンプルー”とある。
 “ソ〜ミンタシヤー”を知っている私にとっては“ソ〜メンチャンプルー”は少々耳障りであった。
 幼い頃、白米がないとき、母は“ソ〜ミンタシヤー”をよく作ってくれた。さっとゆでて、油でさっと炒め、チリビラ(ニラ)を入れて、ニンジンをシリシリして醤油で味付けして出来上がり、簡単でとてもおいしかった。
 ソ〜メンはそれ自体が主食であっておかずではない。
 チリビラと人参をちょっと足すだけ。だから“ソ〜ミンタシヤー”である。しかし“そうめんちゃんぷるー”は違う。その名の通り色んなものが入っている。玉ねぎ、人参、キャベツ、ピーマン、ツナ、ポークetc
 まさしくソ〜メンに混ぜ合わせた代物だ。焼きそばみたい。
 絶対“ソ〜ミンタシヤー”ではない。しかし本家本元は“ソ〜ミンタシヤー”なのでどうせ言うならば“ソ〜ミンチャンプルー”と言ってもらいたい。正確に。
 飽食時代の今、“ソーミンタシヤー”ももう死語かな??


           ドミトリー沖縄
         2012年10月22日(月)


*写真左がソ〜ミンタシヤー、右がソ〜メンチャンプルー


オーナーのご挨拶 | ドミトリー沖縄って? | サービス・料金について | 施設紹介 | 地図・交通アクセス | 予約・お問い合わせ

▲ページトップへ 
〒902-0065 那覇市壺屋1-1-10 2F TEL:090-9780-1935/FAX:090-866-5311 E-Mail:yoyaku@dormitory-okinawa.com